まわりを見渡そう

最終更新: 2月1日

人に言えない過去 人に言いたくない過去の一つや二つ

誰もが持っているだろう 汚い心や ドロドロとした感情 誰かに後ろ指指されるようなこともしてきたかもしれない この過去は変えられるかもしれないけれど 変えるべきものだと思っていない どんなに私が酷い人間か 私がよくわかっている そう思っていた


けれども 思っていた以上に 私は私のことをわかっていないということに気が付いた


そう自分が思うほどひどい人間ではない

自分が思うほど悪い過去ではないらしい 思っていたよりも 私は酷い人間ではないかもしれない 何故なら 私は私だけで形成されていないのだから 5%の表層の私に

95%の深層であるまわりの人間を

足した私が全ての私


ありのままの私 だとしたら とっても人の良い夫 曲がったことをしたことのない両親や義両親 誰からも愛されている子どもたち 人当たりの良い弟 どの人を見ても とっても素敵な人ばかり 愛されるべき人ばかり そんな素敵な人に囲まれて 私はなんて酷い人間だと思っていたけれども 案外そうではないらしい 私は確かに私で出来ている それは まわりも含めて私全て私 私って(もしかしたら)

とっても明るくって とってもやさしくって とっても愛されるべき人なのかもしれない そう思えて来た私の中のエッセンスが

巨大化されて投影されているだけ

私が今選んでいない私をまわりが演じているだけ


そう全ては自分が選んだこと

自分の思い通り 夫も子どもも友人もみんな 私 あなたの欠片 欠片が投影されている あなたのエッセンスがちりばめられているのです どんなエッセンスを創り出すのかは自分次第

どんなエッセンスを投影するのかも自分次第


あなたのまわりを見ればあなたがわかる


  フラクタル心理学講師 カウンセラー 松本 正子 

宮城県仙台市