体調を言い訳にしていませんか?

「疲れた」気付いたら口にしていませんか?

口にしなくとも頭の中では

「あー疲れた」そんな言葉が巡っていませんか?



子どもの頃あなたは

仮病を言い訳に学校や習い事を休んでしまったり

しかことがありませんか?


そしていつしか言い訳は本当になり

頭痛持ちになってしまったり

生理痛という名の腹痛がひどくなったり


体の言い訳は

病気という現実を引き起こしてしまうか寝ません


そして何より病気になると

美容に手が回らなくなる


こうしてきれいに出来ない自分にまた

自己評価が下がってしまい


また病気を生みだしてしまうのです


疲れたって思うだけで

あなたの中の体内老化はどんどん進みます


体内老化はやがて現実化してしまいます


脳には主語がありませんからね

疲れたという言葉は

心だけではなく体も疲れさせます

体だけではなく心も疲労させるのです


老化しないためにも

暇な時間を持たない


進んで仕事をすることです


仕事って尊いのですからね


体調不良という言い訳上手になっていませんか?


松本 正子


プロフィールはこちら


フラクタル心理学講師・看護師

子宮インナービューティーセラピスト

幼少期から病気に悩まされ

病院通いを繰り返す

2015年 知人の紹介で

フラクタル心理学に出会う

思考の現象化が病気を創り出していることに確信を持ち

根本的治療を目指してフラクタル心理学を学ぶ


20年の看護師経験を活かして

体の悩み

心の悩みを解消すべく

フラクタル心理学の理論と仕組みをお伝えすべく

講座やカウンセリングを行っている

17回の閲覧

  フラクタル心理学講師 カウンセラー 松本 正子 

宮城県仙台市