全ては受け手で決まる

脳の回路は幼少期に形成されると言われています



それは幼少期に

見たこと

聞いたこと

触れたことから形成されます


自分の脳の中には

今までに見たこと

聞いたこと

感じたこと

触れたこと

香ったこと


自分が認識したことで脳は形成されているのです


それを知っているからこそ

自分が親になった今

子どもたちに色々なことを経験させたいと

思っている保護者の方も少なくないと思います


大切なのは体験や経験の多さではなく

そこから何を学ぶか?

何を伝えられるか?なのです


色々な習い事をしても

最後に体を壊してしまうと

「たくさん予定を詰め込むと体を壊しかねない」

という脳の回路が出来てしまうかもしれません


そこからどんなことを学べるか

どう感じるかによって

脳の回路が変わってきます


なので同じことをしても

受け取り方が変われば

全く違う出来事になってしまう


何を体験するかではなく

どう受け取るのか?


あなたの受け取り方次第で

体験は変わる


世界は変わると知ってください


松本 正子

フラクタル心理学講師・看護師

体と心のつながりを追い続け、2015年

フラクタル心理学に出会う

思考の現象化が病気を創り出していることに確信を持ち

根本的治療を目指してフラクタル心理学を学ぶ

多忙な医療従事者の方のための癒しや

子どもの健康のための誘導瞑想講座などを主に活動している。

人々が、人生を自分でコントロールできると気が付き、自分の人生を歩めるお手伝いをしたいと思っている。

18回の閲覧

  フラクタル心理学講師 カウンセラー 松本 正子 

宮城県仙台市