top of page

最初にお伝えしたい3つのこと





今日はフラクタル心理学を学ぶにあたって

3つのことをお伝えさせてください


1つは分析マニアにならないこと


フラクタル心理学を少しかじってしまうと

まわりの人を分析したくなっちゃいます


友だちや同僚がちょこっとした悩みを

話してきても

つい分析してしまったり


相手が望んでいないものを提供することは

ただのおせっかい


他人の分析は

自分に還すだけにしましょうね


2つめは自分を攻撃しないこと


子どもが勉強を嫌がるのは

私が何かを嫌がっているからだ

夫が攻撃的なのは

私が攻撃的なんだ


そうやって自分攻めして終わらないでください


フラクタル心理学は自分を攻撃するための

心理学ではありません

誰かを責めるための心理学でもないのです


未来を更に素晴らしいものにするための心理学なのです

自分を責めていては

前に進めません


なので自分を責めるだけはやめましょう


3つめは大きく考えすぎないこと


まだまだ世界は広いと考えているあなたにとって

世界での出来事は

余りにも大きくかけ離れ過ぎています


なのでフラクタル心理学を学ぶ前の方

まだ学び始めたばかりの方は

自分と身の回りの出来事だけに

置き換えて聞いていただけると

よりフラクタル心理学がわかりやすいことでしょう


フラクタル心理学は

自分にやさしい

まわりにもやさしい

人にやさしい心理学です

その優しさを実感して感じてくださいね



松本 正子

フラクタル心理学講師・看護師


病気と心のつながりを追い続け

フラクタル心理学に出会う。

心の現象化が病気を創り出していることに

確信を持ち、医療や看護では治すことのできない、根本的治療を求めてフラクタル心理学を学ぶ。


多忙な医療従事者の方のための癒しや

子どもの健康のための誘導瞑想講座などを

主に活動している。


夢は、全ての人々が、人生を自分でコントロールできる。物事をコントロールできるという世の中を目指している

閲覧数:23回0件のコメント
bottom of page