未来に幸あれ!

いよいよ明日は息子の中学校卒業式

とても熱心な親ではなかったが

3年間の成長を思い返すととても感慨深い


思い返せば4月生まれということもあり

保育園の頃はみんなを引っ張る存在だった

小さな子どもたちの中で

背も高く大きな存在でした



そのため一学年上のクラスに入れられても

頑張ってついていける

そんな子でした


小学校に入っても

大きな声でみんなを引っ張り

良くも悪くも目立つ子ども

学校に謝りに行くこともあった


保育園から続けていたサッカーから

悩みぬいた末野球を選んだ


野球を始めて

素晴らしい仲間に出会えた


仲間の素晴らしさ

尊さを知ることが出来た


もちろん反抗期もあった

真正面からぶつかり合い

引っぱたいたこともあった

私の感情を思いっきりぶつけたこともあった


どうしてこんなに思いが伝わらないのか

なぜすれ違うのか

悩みに悩んだ日もあった

誰にも言えずに苦しんだ日もあった


子育ては結果がすぐに出ない苦しみ

毎日続く苦しみ

1人で夫婦でもがき苦しんだ


もしかしたら

この苦しみを越えれば

大きな山を乗り越えたら

素敵な海が待っているかのように


明日を信じて

未来を信じて

子どもと向き合ってきた


中学校に入ってから

一緒に過ごす時間はグンと減った

部活や塾に多忙で

家にいる時間が減ったのだ


家ではスマホをしたり

ゲームをしたり

家族で過ごす時間よりも

自分の世界にこもることが増えたと思う


自分の世界が広がることで

色々な世界の住人と触れることで

グーンと大人になった

心が成長したのが目に見えてわかったのだ


彼は彼なりに大人に近づこうとしている

大人の階段を上っていたのだ


私たちは親子

一緒に過ごす時間が減っても

何を考えているのか分からなくなっても

どうしようもない怒りに震えても

それでも私の子どもなのだ

私たちは家族だ


逃げられない

逃げてはいけない


向き合わなくちゃいけないのだ


そんな私が自分から逃げている場合ではない

そんな私が私と向き合わなければ

話にもならない


子育ての15年間を振り返ると

素晴らしい母とは言えない


けれども胸を張って言おう


私はあなたの母で良かった


私はあなたを生んで幸せだったと


辛いことも

苦しかったことも

全てが幸せだったと

笑顔で言おう


明日は卒業式

母は残念ながら

あなたの晴れ姿を見ることが出来ない


家で待っている

誇らしげなあなたを家で待つ


それが私にできることだから





32回の閲覧

  フラクタル心理学講師 カウンセラー 松本 正子 

宮城県仙台市