夜が怖い

夜が怖かった



ベットに一人で横たわり

暗闇の中目を覚ます


真っ暗闇の中1人


色々なことが頭をよぎる


どうして私はこうなんだろう?

どうしていつもこうなるんだろう?


心の中の小さな黒いしみは

ジワジワと心に広がっていく


暗闇に飲み込まれ

自分を見失いそうになる


この真っ暗闇の中

私は動けない

私は誰にも必要とされない


心の闇がワタシを支配していく


泣けてくる


自分が情けなくて


涙が溢れてくる


どうしようもなくて


恐い


ただ夜が来ただけ

ただ目が覚めただけなのに


恐怖が心を覆いつくす


とめどなく波が押し寄せる


自分の中にこんなに闇があったのか

自分の心の奥底に

こんな不安があったのだと

まざまざと思い知らされる


不安に胸が押しつぶされる

暗闇に飲み込まれてしまう


長い間

終わりがないかのように




そして外がうっすら明るくなってくる


あぁ夜明けだ


夜明けとともに

私の心にも日が差し込んでくる


明けない夜はない


解決できない悩みはない


自分が望めば

力強く願えば


悲しみはやがて時が和らげてくれる

苦しみは包み込んでくれる


大丈夫


必ず夜は明ける


笑顔になれる時が来る


幸せになれる


大丈夫だからね



9回の閲覧

  フラクタル心理学講師 カウンセラー 松本 正子 

宮城県仙台市